HOME > 痛みの原因事典 > 肩の痛み

痛みの原因事典

肩の痛み

 肩関節は体で一番大きく動く関節です。肩の動きに関わる関節は、肩関節(肩甲上腕関節)、肩鎖関節、胸鎖関節、肩甲胸郭関節です。これらの関節がそれぞれ動き、それを支える数多くの筋肉が関わることにより肩の大きな動きが可能になります。

 肩の診断は難しいと言われています。それは、限られた狭い範囲に多くの構造物、多様な動きがあり、関節、筋肉、靭帯に多くの障害が起こりやすいからです。そのため、どの部位の何が障害を受けているのか、ポイントを見極めることが治療において、とても重要になります。

 また、肩の痛みは内臓器官の疾患から生じることもあるため、注意が必要です。例えば心臓疾患の場合は左肩に痛みを感じる場合があります。カイロプラクティックの施術前にはそのような問題がないかしっかりと検査し、その後必要な部位に施術を行っていきます。

 

肩の主な症状 

四十肩・五十肩 ← 詳細 クリック

腕を挙げると強い痛みが起こり、それ以上挙げられなくなります。回復にはとても時間がかかり、治療を行わなければ1年以上痛みが続くこともあります。

 

野球肩 野球の投球時に肩に負担が掛かり、痛みを発します。← 詳細 クリック

テニス肩 テニスのプレー中に負担が掛かり、痛みを発します。← 詳細 クリック

 

肩周囲の組織が原因の痛み

肩には数多くの組織(筋肉、腱、靭帯、滑液包など)があり、日常生活や仕事で組織を酷使して痛みが出ることもあります。障害を起こしている組織を整える事により痛みは軽減します。

 

肩の痛みの原因 

 原因は主にスポーツによるものと、それ以外に分かれます。

 肩関節を大きく動かすスポーツでは、筋・腱・滑液包などへの負担が大きくなり痛みが起きやすいです(野球、テニス、水泳、ゴルフなど)。また打撲などの接触によるもの(サッカー、バスケットボール、野球など)があります。最近は中高年の方に、スポーツが原因となる肩の痛みを起こす例が増えています。中高年の場合には回復に時間がかかったり、慢性化しやすいといった傾向があるので注意が必要です。

 損傷を受ける箇所などによって、次のようなさまざまな障害がみられます。

・腱板損傷・・・肩の奥にある腱板(小さな筋肉群)が傷つき、痛みが生じます。
・インピンジメント症候群・・・腱板の一部や肩の動きを滑らかにする滑液包が変性し上腕骨先端とぶつかり炎症が起きます。

・上腕二頭筋長頭炎・・・上腕二頭筋(力こぶを作る筋肉)の一部が上腕骨と接触し、炎症が起きます。

・脱臼・・・転倒や衝突により、関節を構成する骨が外れ、元の正常な状態にもどらない状態をいいます。腱板・靭帯損傷を伴うこともあります。

 

 スポーツ以外では、不良姿勢の持続や日常生活や仕事で肩を酷使することにより、肩を痛めることがあります。この場合は筋肉の緊張、軽度の損傷、滑液包などの炎症による痛みが大半を占めます。なかでも筋肉の緊張や損傷により痛みが引き起こされることが多く、普段身体を動かさない人が、大掃除や引越しなど普段行わない作業を行うことで起こることがあります。 

 

新御茶ノ水が以来センターでは

 まずは何が痛みを起こしているか、また炎症によるものかを判別することが大切になります。炎症が起きている場合は、アイスパックで炎症を抑え、超音波などの物理療法で組織の回復を図ります。筋肉の緊張が原因の場合は、筋肉を特定し緊張を緩和させます。

 また、肩のみではなく他の部位への施術も必要です。肩の組織を痛めていても、肩のみの問題ということはありません。肘や手首、肩甲骨や背骨などの問題も加わって肩への負担を増大させています。その肩への負担を取ることがとても大切になります。

テニス肩

肩は人の体の中で一番自由に動く関節であると同時に、怪我をしやすい関節でもあります。プレーによって、肩関節の中で筋肉の腱やその周りの組織に衝突や摩擦が繰り返されて痛みが出ます。 続きを読む

野球肩

肩は人の体の中で一番自由に動く関節であると同時に、怪我をしやすい関節でもあります。野球では主に使い過ぎによってインナーマッスルであるローテーターカフなどの筋肉に炎症が起こり痛みが出ます。投球動作のどのタイミングでどこが痛むかを確認しながら、適切な箇所を施術していく必要があります。 続きを読む

四十肩・五十肩

肩の筋肉による痛みと四十肩・五十肩を混同する人も多いですが、この二つはまったくの別物です。筋肉による痛みは筋肉の損傷や血行不良などにより起こりますが、四十肩・五十肩は肩の炎症が原因となって起こります。そのため、四十肩・五十肩は正式には「肩関節周囲炎」といいます。 続きを読む

ご予約・痛みに関するご相談は

03-3518-8380

営業時間:10:00〜20:20 »定休日

初診予約・お問合わせ
24h簡単ネット予約
 月〜金土・日
営業時間10:00〜21:009:00〜18:20定休日
最終受付20:2017:40

新御茶ノ水・淡路町・小川町駅B5出口すぐ

千代田線 新御茶ノ水駅

丸の内線 淡路町駅

都営新宿線小川町駅

JR中央線 御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩7分

地図

国際基準の安心なカイロ・整体は!カイロプラクティック新御茶ノ水外来センター
(代表施術者:カイロプラクティック理学士(B.C.Sc)唐木田 健吾)

東京都千代田区神田小川町2-2-7 レインボービル4F »MAP

初めてご来院の方向けキャンペーン
  • スタッフブログ

カイロプラクティック新御茶ノ水外来センターへのアクセス

地図

カイロプラクティック
新御茶ノ水外来センターへのアクセス

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-2-7 レインボービル4F
電話:03-3518-8380/ご予約優先
定休日

■最寄り駅

千代田線 新御茶ノ水駅

丸の内線 淡路町駅

都営新宿線小川町駅

JR中央線 御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩7分

国際基準のカイロと一般的なカイロ・整体との違い

東京カレッジオブカイロプラクティック学校説明会

私達の母校の学校説明会です。ご興味のある方は是非。

カイロプラクティック、鍼灸、マッサージの関連施設

関連施設

A.Life 神谷町

エーライフ神谷町プラス

ボディケアマッサージ、カイロプラクティック、酸素カプセル等選べる治療

日比谷線 神谷町駅 徒歩0分
東京都港区虎ノ門

葛西ボディケアセンター

葛西ボディケアセンター

マッサージ、酸素カプセル、ゴルフによる症状をお持ちの方へ

ロッテ葛西ゴルフ2F
東京都江戸川区