HOME > 痛みの原因事典 > 肩・肘・手首の痛み > 肩の痛み > 四十肩・五十肩

痛みの原因事典

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは?

四十肩・五十肩は名前のとおり、40歳代、50歳代に多く発症します。腕を挙げると痛みがあり、その痛みのため運動制限が顕著に現れます。

肩関節は上腕骨、肩甲骨、鎖骨の3つの骨で支えられ、肩を大きく動かす必要があるために、関節の構造が不安定に作られています。骨だけでは構造的に不安定なところを靭帯や筋肉が強度を高めています。そのため、肩の酷使によって炎症や損傷が起こりやすく、痛み、可動域の制限が起こると考えられています。

 

肩の筋肉による痛みと四十肩・五十肩を混同する人も多いですが、この二つはまったくの別物です。筋肉による痛みは筋肉の損傷や血行不良などにより起こりますが、四十肩・五十肩は肩の炎症が原因となって起こります。そのため、四十肩・五十肩は正式には「肩関節周囲炎」といいます。

 

四十肩五十肩は治療をしなくても痛みが無くなるのが特徴ですが、通常1年前後痛みが続きます。また、放置しておくと肩の運動障害は完全には戻りませんので、適切な治療が必要になります。

 

四十肩・五十肩の症状 

主に肩をあげるときにズキッと痛む、肩があげられないといった症状ですが、段階により症状が変わってきます。

 

主に3つの期間に分けられます。

①急性期

発症初期は急性期といい、炎症が強い為に、痛みが非常に強い時期です。

通常、発症してから1〜2ヶ月続きます。腕を少し動かしただけでも痛みがあり、夜も眠れないことがあります。

②慢性期

炎症も治まり、肩の痛みも軽減します。腕を動かさなければ痛みはありませんが、ある範囲以上動かすと強い痛みが起こります。そのため、強い痛みによる顕著な運動制限がある状態です。この時期は肩関節周辺の筋肉が非常に強く緊張しています。

③回復期

可動範囲が広がり、痛みも軽減します。そのため日常生活が送りやすくなります。それでもやはり運動制限は残っています。

 

基本的には急性期→慢性期→回復期といった順序で移行していきます。

しかし急性期がなく、気が付いたら慢性期の症状から始まっている場合もしばしば見られます。

 

四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩については、はっきりと原因が分かっていないのが現状です。必ずしも肩を酷使している人(スポーツや仕事など)に起こりやすいわけでもなく、デスクワークで肩を動かさない人にも起こります。

ですが、当院での傾向をみると、デスクワークなど肩を動かさない仕事をしている方に、四十肩・五十肩が多いようです。

そのため急激な肩への負担よりも、慢性的な負担が原因になりやすいと考えられます。その1つとして、姿勢的な影響が大きいと考えています。四十肩・五十肩の方の姿勢は、肩が前方に入り込み、背中が丸まった猫背であることが多いです。解剖学的に肩関節が前方に変位することにより、肩関節の可動域は減少します。また、肩関節周辺の負荷も大きくなり、関節・筋肉・腱・靭帯などのダメージが大きくなり、炎症を起こしやすい状態になると考えます。

 

 

新御茶ノ水外来センターでは

急性期と慢性期では治療目的が変わってきます。

 

急性期では炎症が起きているため、炎症を抑えることが一番の目的になります。そのため、大きく肩を動かすような治療は控え、電気療法や超音波などの物理療法やアイスパックを使い、炎症を治める治療をします。また、肩の負担を減らすために、肩周辺のバランスを整える必要があり、首、背中、腰、腕など肩以外への治療も必要になります。

 

慢性期、回復期では、肩の拘縮・癒着(組織が固まったり、くっ付いている状態)が起きています。その結果、運動制限が起こるので、拘縮・癒着をとるために積極的に動かす必要があります。肩関節が全体的に固まっていますが、その中でもより強い部分がありますので、ポイントを見極めて可動域の改善を図ります。もちろん急性期同様、肩周辺のバランスも整えます。

四十肩・五十肩の改善には時間がかかります。根気よく治療を重ねることがとても大切になります。

どこへ行っても治らなかった痛み・辛さに。
米国で医療の一環として提供されているカイロがあります。

私たちは国際基準の
カイロプラクティック治療院です。

国際基準のカイロプラクティック治療院

当院のカイロ施術者は全員、海外では医師と同等に扱われる WHO国際基準(B.C.Sc / D.C.)の学位保持者です。

日本には国家資格がなく、誰でもカイロプラクターを名乗ることが出来るため、一般的な整体と区別がつきにくなっています。しかし欧米にはカイロプラクティック医の国家資格(B.C.Sc / D.C.)があり、 医療の一環として病院でカイロプラクティックが提供され、保険の適用も行われています。

治療スタッフ全員が国際基準のカイロプラクティック学位保持者です。

ご予約・痛みに関するご相談は

03-3518-8380

営業時間:10:00〜20:20 »定休日

初診予約・お問合わせ
24h簡単ネット予約
 月〜金土・日
営業時間10:00〜21:009:00〜18:20定休日
最終受付20:2017:40

新御茶ノ水・淡路町・小川町駅B5出口すぐ

千代田線 新御茶ノ水駅

丸の内線 淡路町駅

都営新宿線小川町駅

JR中央線 御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩7分

地図

国際基準の安心なカイロ・整体は!カイロプラクティック新御茶ノ水外来センター

東京都千代田区神田小川町2-2-7 レインボービル4F »MAP

初めてご来院の方向けキャンペーン
  • スタッフブログ

カイロプラクティック新御茶ノ水外来センターへのアクセス

地図

カイロプラクティック
新御茶ノ水外来センターへのアクセス

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-2-7 レインボービル4F
電話:03-3518-8380/ご予約優先
定休日

■最寄り駅

千代田線 新御茶ノ水駅

丸の内線 淡路町駅

都営新宿線小川町駅

JR中央線 御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩7分

国際基準のカイロと一般的なカイロ・整体との違い

東京カレッジオブカイロプラクティック学校説明会

私達の母校の学校説明会です。ご興味のある方は是非。

カイロプラクティック、鍼灸、マッサージの関連施設

関連施設

A.Life 神谷町

エーライフ神谷町プラス

ボディケアマッサージ、カイロプラクティック、酸素カプセル等選べる治療

日比谷線 神谷町駅 徒歩0分
東京都港区虎ノ門

葛西ボディケアセンター

葛西ボディケアセンター

マッサージ、酸素カプセル、ゴルフによる症状をお持ちの方へ

ロッテ葛西ゴルフ2F
東京都江戸川区