HOME > 腰の痛み > ぎっくり腰 > ぎっくり腰の痛みがなかなか治まらない

ぎっくり腰の痛みがなかなか治まらない

2018.06.13

カテゴリー:ぎっくり腰 » 腰の痛み

一ヶ月前くらいに下にある物を持ち上げたら、腰に激痛が走り動けなくなりました。10年前にぎっくり腰をやってから2~3年に1回のペースでぎっくり腰になっています。今までは3~4日経つと痛みが治まっていましたが、今回はかなり酷いです。当初は歩くこともできず、仕事も休みましたが、2日で動けるようになり、仕事にも復帰しました。今までのパターンだとこのまま痛みが治まるのですが、発症当時よりは楽になってはいるもののなかなか痛みが治まりません。あまりにも痛いので整形外科に行きレントゲンを撮りましたが、特に異常はありませんでした。時間が経過しても治らないので、整体にも何回か行きましたが、あまり痛みが改善しませんでした。そこで整体以外も受けてみようと思い、妻も通っているカイロプラクティック院に、良くなると期待して来院しました。(45歳男性)

 

 

<初診時の症状>

 

  • ① 左の腰痛(ぎっくり腰発症時よりは良いが、痛みが残っている)
  • ② 左太もも裏に違和感
  • ③ 長時間座っていると腰痛が悪化
  • ④ 左のお腹の奥も違和感

 

 

<施術後の経過>

 

2回のカイロプラクティック施術で腰の痛みは違和感程度になりました。その後3回のカイロプラクティック施術で違和感もなくなりました。

しかし、この方は10年前からぎっくり腰を繰り返している事がらも分かるように、元々の身体がとても悪い状態でした。そのため仕事が忙しくなったり、腰に負担を与える動作をすると、また違和感や痛みを繰り返してしまいました。そのため、再度治療間隔を狭めて腰を根本的に良くすることになり、月1回のメンテナンスだったところを2週に一回の頻度に間隔を短くしてもらい施術をしました。

現在は腰に違和感を感じることもたまにありますが、以前よりも痛み違和感の強さ頻度も減少し、普段は何も感じずに過ごされています。たまに軽い痛みが出たとしても、1日経てばなくなるようになっています。

 

 

 

<担当カイロプラクターのコメント>

今回の症状の一番の原因は姿勢の悪さです。姿勢でそこまで痛みが出る原因になるのか不思議に思われるかもしれませんが、とても重要な要素なのです。

私達の身体に痛みが出る時は、たいていの場合、身体のどこかが固まり、動きが悪くなり、それを他の場所で補うようになり、その結果ある部位に負担が溜まる。それが短期間ならば良いのですが、何か月、何年と負担を溜め続けると、身体が耐えきれなくなり痛みとして出てきます。この一番初めの原因が長時間の姿勢の悪さや運動不足などにより、筋肉や筋膜が固まってしまうことによることが大きいのです。

今回の患者さんの場合は背中の丸まり(胸椎後湾)がとても強い状態でした。つまり極端な猫背でした。仕事がデスクワークのため猫背のまま毎日長時間、過ごしていた結果、このような姿勢になってしまったようです。

一度このような姿勢になってしまうと、正しい姿勢にしたくても身体が辛く姿勢を正すことが難しくなります。そのため悪循環に陥り、なかなか改善出来ないのです。

そのため改善するにはこの悪循環を断つ必要があり、その方法の一つが施術を受けることです。まずは負担の少ない姿勢をとれる身体にすることが大切です。その後でようやくご自分で姿勢を気をつけるなど対処が可能になってきます。この方の場合は姿勢の癖がとても強く、簡単には戻りませんでした。結局3ヶ月くらい期間が必要となりました。

 

 

<整体との違い>

 

この方は整体とカイロプラクティックの違いについても疑問に思っていらしたので、簡単に説明をさせて頂きます。また、当院ホームページにも違いが書いてありますので、宜しければご覧ください。

詳しくはこちらもご覧ください→リンク

国際基準のカイロプラクティックと一般的な整体との違い

皆さんはカイロプラクティクと整体の違いはお分かりになるでしょうか?

多くの方は違いが良く分からないと思います。それもそのはずです。実際に施術として明確にここが違うと説明するのはとても難しいのが、今の日本の現状です。カイロプラクティックの中でもいろいろな施術方法がありますので、治療院ごとに施術方法が変わってきます。もちろん整体も同じです。

また日本ではカイロプラクティックの国家資格は無く、誰でも始めようと思えば始められます。セミナーに出て簡単に技術を習得する人もいたりします(一朝一夕で身に着けられるものではないのですが…)、しっかり勉強をしている人もいます。そのため日本の現状ではカイロプラクティックは統一されていないのです。

整体は特に定義がなく、日本における、手技を使った代替療法などの総称といった意味合いが強いです。そのため整体イコールこれ!と説明するのは難しいのです。そのため日本では整体とカイロプラクティックは同じような治療法として認識されていることが多いようです。

日本でのカイロプラクティックの現状は残念ですが、世界的には世界カイロプラクティック連合(WFC)という国際組織があり世界保健機関(WHO)にも加盟しています。またカイロプラクティックと鍼灸のみ代替医療としてWHOに認められています。

どこへ行っても治らなかった痛み・辛さに。
米国で医療の一環として提供されているカイロがあります。

私たちは国際基準の
カイロプラクティック治療院です。

国際基準のカイロプラクティック治療院

当院のカイロ施術者は全員、海外では医師と同等に扱われる WHO国際基準(B.C.Sc / D.C.)の学位保持者です。

日本には国家資格がなく、誰でもカイロプラクターを名乗ることが出来るため、一般的な整体と区別がつきにくなっています。しかし欧米にはカイロプラクティック医の国家資格(B.C.Sc / D.C.)があり、 医療の一環として病院でカイロプラクティックが提供され、保険の適用も行われています。

治療スタッフ全員が国際基準のカイロプラクティック学位保持者です。

ご予約・痛みに関するご相談は

03-3518-8380

営業時間:10:00〜20:20 »定休日

初診予約・お問合わせ
24h簡単ネット予約
 月〜金土・日
営業時間10:00〜21:009:00〜18:20定休日
最終受付20:2017:40

新御茶ノ水・淡路町・小川町駅B5出口すぐ

千代田線 新御茶ノ水駅

丸の内線 淡路町駅

都営新宿線小川町駅

JR中央線 御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩7分

地図

国際基準の安心なカイロ・整体は!カイロプラクティック新御茶ノ水外来センター

東京都千代田区神田小川町2-2-7 レインボービル4F »MAP

初めてご来院の方向けキャンペーン
  • スタッフブログ

カイロプラクティック新御茶ノ水外来センターへのアクセス

地図

カイロプラクティック
新御茶ノ水外来センターへのアクセス

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-2-7 レインボービル4F
電話:03-3518-8380/ご予約優先
定休日

■最寄り駅

千代田線 新御茶ノ水駅

丸の内線 淡路町駅

都営新宿線小川町駅

JR中央線 御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩7分

国際基準のカイロと一般的なカイロ・整体との違い

東京カレッジオブカイロプラクティック学校説明会

私達の母校の学校説明会です。ご興味のある方は是非。

カイロプラクティック、鍼灸、マッサージの関連施設

関連施設

A.Life 神谷町

エーライフ神谷町プラス

ボディケアマッサージ、カイロプラクティック、酸素カプセル等選べる治療

日比谷線 神谷町駅 徒歩0分
東京都港区虎ノ門

葛西ボディケアセンター

葛西ボディケアセンター

マッサージ、酸素カプセル、ゴルフによる症状をお持ちの方へ

ロッテ葛西ゴルフ2F
東京都江戸川区